料金体系(弁護士費用)

法律相談

30分5000円(消費税別)

民事事件の着手金及び報酬金

基本的には以下の算定基準表どおりです。

(算定基準表)
事業内容 料 金
初回法律相談 初回相談料は30分無料、30分経過後は5,400円です。
継続法律相談 法人は30分毎に12,500円、個人は30分毎に5,000円。
顧問契約 毎月5時間まで5万円。超過時間につき30分当たり10,000円。5時間を超える場合は事前にご連絡いたします。
訴訟 経済的利益 着 手 金 報 酬
300万円以下 8% (但し、着手金の最低額は10万円) 16%
300万円を超え、3,000万円以下 5%+9万円 10%+18万円
3,000万円を超え、3億円以下 3%+69万円 6%+138万円
3億円を超える場合 2%+369万円 4%+738万円
交渉 上記訴訟に準じる。
但し、その額を3分の2に減額することができる。 但し、交渉から訴訟その他の事件を受任するときの着手金は、上記訴 訟に準じる。
上記訴訟に準じる。
但し、その額を3分の2に減額することができる。 但し、交渉から訴訟その他の事件を受任するときの着手金は、 上記訴訟に準じる。

※上記の他、実費(印紙代、郵券代、交通費、通信費等)がかかります。

用語解説
着手金 事件に着手するときにご請求するお金のことであり、委任契約締結時にご請求いたします。
事件の結果にかかわらず、ご返金することは原則としていたしておりませんので、その旨ご理解くださいますよう、お願いいたします。
報酬金 事件の終了後、一定の成果が得られた時にご請求するお金のことです。
経済的利益 トラブルをお金に換算したものであり、着手金の計算する場合、1000万円を請求するとき、また、1000万円の請求を受けたときには1000万円となります。
また、1000万円を請求したけれど、500万円しか回収できなかった場合、また、1000万円の請求を受けたけれど、500万円の減額に成功した場合には、報酬金の計算基準となる経済的利益を500万円として計算します。

※事件の難易度に応じて、算定基準表よりも30%の範囲で、着手金・報酬金増減することがあります。

※分割払いにも応じますので、お気軽にご相談ください。

資力の乏しい方は、法テラスによる民事法律扶助を受けることができます。
お気軽にご相談ください。
(別途、資力についての調査があります)

CONTACT お問い合わせ

電話でのご予約
(平日 9:30~18:00)

TEL: 03-5946-9989

お問い合わせ


page top